経済コラムマガジン 平成9年2月10日より
経済コラムマガジン




16/6/6(894号)
消費増税問題の決着

  • 批判的意見のパターン化

    安倍総理が2年半の延期を発表し消費増税問題は決着した。筆者は歓迎しているが、これに対しては各方面からの興味深い反応がある。特に批判的意見につていはパターン化できる。

    まず消費増税うんぬんとは関係なく、元々安倍政権に否定的なメディア(毎日新聞や朝日新聞など)や野党はもちろん批判的である。しかし野党は再延期に賛成に回ったため批判は分かりにくい。彼等はこれをアベノミックスの失敗と責めている。そして総理の発言が以前から変ったことも攻撃材料にしている。

    しかしこの批判は本質的なものではなく、また彼等が良いアイディアや代案を持っているという訳ではない。政治的意図を持つ参議員選を睨んだ言動と筆者は思っている。


    注目されるのは与党、特に自民党内からの批判である。元々自民党内には「増税推進派の議員連盟」があり、一大勢力を形成している。これに参加している政治家は財務官僚と近くガチガチの財政再建派と見なされる。これまで安倍総理は、党内のこれらの政治家にも配慮した発言をしてきた。しかし筆者は彼等にはどれだけ論理的に話をしても説得不能と見ており、放っておくしかないと考える。

    ガチガチの財政再建派ではないが、今回の増税の再延期に批判的な発言をしている自民党議員がけっこういる。中には安倍政権を支持し要職に就いている者さえいる。これらの政治家は「2020年のプライマリーバランス回復」や「社会保障と税の一体改革」といった観念的な方針(目標)に異常なこだわりを持っている。したがって消費増税がなければ社会保障費はビタ一文増やせない思い込んでいる。


    このように考えるのは弁護士など法曹界出身者や法曹人的発想の政治家に多いと筆者は認識している。つまり彼等は現行の枠組み(「2020年のプライマリーバランス回復」や「社会保障と税の一体改革」)でしか物事を考えない傾向が強い。ただ法曹界出身でも、一方には柔軟な考えを持っている政治家もいるので一概には決めつけられないが(高村副総裁など)。

    10/11/15(第639号)「政治家に向かない職業」で述べたように、元々筆者は弁護士などの法曹界出身者は政治家に向かない職業と思っている。特に状況が変化している今日のような時代は(例えば日銀が国債をどんどん買っている)、政治家は現行の枠組み維持するのではなく、これを変える働きが必要になってくる。また法曹界出身の政治家は、総じて経済や財政に疎いことも事実と筆者は思っている(法律しか勉強していない官僚も同じ)。


    16/4/18(第888号)「財政問題に対する考えが大きく変る前夜」で述べたように、筆者は、今後、日本の財政に対する人々の認識が大きく変ると思っている。もちろん正しい方向に変るのである。ところが「日本の財政は最悪」という完全に間違った話による日本人全体へのマインドコンロールはきつく、一気に状況が変るとは思われない。

    しかし認識が変る徴候が少しずつ現れている。先日、テレビのワイドショーである政治評論家が「これまで財務官僚が作った日本の財政が悪いといった虚構に我々は踊らせられて来たのではないか」という驚く発言をしていた。筆者は「その通り」と思う反面、「この評論家は本当に大丈夫か」と感じた。そのうちこの政治評論家はテレビに登場しなくなるかもしれないが、注目される発言である。またこれに似た発言がポンポン出るようなら、財政再建派の力も陰ってきた証拠と判断できる。


  • 高齢者の万引

    前段で自民党内の財政再建派の話をしたが、最近、「財政再建派」ではなく「財政規律派」と呼ばれているケースに出くわした。たしかにその時にだけそう呼ばれただけかもしれないが、もし「財政規律派」の呼称が定着するようなら注目される出来事である。これが本当なら「財政再建派」の勢いも弱まった明かしになると筆者は解釈する。

    もっとも安倍政権が再増税を2年半延期することに加え、今年の秋に大型の補正予算を編成すると報道されている。これが通るなら財政再建派の最後の砦である「2020年のプライマリーバランス回復」は空中分解状態になることを意味する。たしかに安倍総理は「2020年のプライマリーバランス回復」は堅持すると発言している。しかしこれをまともに受取っている者は少数派であろう。


    たしかに「財政規律」という言葉には誰も反対できない。筆者でさえ無駄な歳出は削った方が良いと考える。ただ同じ歳出でも、考えや立場で「有益」になったり「無駄」になったりする。例えば安保政策に反対する者は、防衛費は無駄の象徴と考える。

    筆者は、人々が「有益」とか「無駄」とか言うのは自由であるが、最終的に歳出入の規模や内訳を決めるのは政治と考える。16/5/16(第891号)「ヘリコプターマネーは日本の救世主か」で述べたように、無駄と決めつけられている「バラマキ」も時には有益と筆者は言ってきた(特にこれからの時代は社会保障のバラマキが必要になる)


    政府が歳出を増やすことに対して、財政規律派は「モラルハザード」を生むと猛反発している。おそらく今年の秋に編成が予定されている補正予算に対しても、野党やマスコミから同様の批判が出ると思われる。特に批難の標的になるのは、公共投資と高齢者の低所得層に対するバラマキ的給付金と筆者は思っている。

    しかし日本経済がおかしくなった原因は、大平内閣あたりからの財政再建政策(運動)と筆者は思っている。途中これに反発する動きもあったが(小渕政権など)、積極財政に転換して大体一年くらいで潰されている。アベノミクスも13年度の一年で潰された。潰したのは財政再建派であり財政規律派である。


    しかし日本では筆者が考えるようなモラルハザードは以前から起っている。日本は自殺者が異常に多く、長い間3万人を超えていた。特に緊縮財政を指向した小泉政権下では最悪であった。また自殺の原因は病苦などが多いとされているが、間接的なものを含めれば金にまつわる経済的な理由がダントツと思っている。

    財政規律派は財政赤字こそが「モラルハザード」と決めつけるが、日本の財政赤字はバーチャルなものである。金利もずっと世界で最低水準で推移していた。つまり日本の財政赤字は問題ではなかったのである。むしろ財政の赤字によって(財政で需要を創出)、かろうじて日本経済支えられて来たと筆者は考える。


    最近、日本では高齢者の万引が異常に増えている。一部には病的な万引犯もいるだろうが、大半は経済的な理由と聞く。中にはかなり高額の年金を受取っている者も万引で捕まっている。やはり年金給付額が少なくなっていることや、想定以上に寿命が延びていることが原因と考えられる。

    これからの高齢者の年金はさらに減額される。寿命が延び貯えが尽きれば、生活保護に頼るか、犯罪に走る他はなくなる。法曹人的発想の政治家は「刑罰を重くし」「警備を厳重にしろ」と言い出しそうである。筆者は一人の自殺者の裏には6倍の数の自殺予備者がいるという話を聞いたことがある(自殺を試みたが失敗した)。したがって高齢者の万引犯罪者も逮捕者の数倍の予備者がいるとしても不思議はない。おそらく高齢者による万引は今後も増えそうであり、これこそ新たな「モラルハザード」と言える。



来週はヘリコプター・マネーによる財政出動が合理的政策ということを説明する。




16/5/30(第893号)「安倍政権の次のハードル」
16/5/23(第892号)「アベノミクス停滞の理由」
16/5/16(第891号)「ヘリコプターマネーは日本の救世主か」
16/5/2(第890号)「毎年1,000件もの新製品」
16/4/25(第889号)「日本は消費税の重税国家」
16/4/18(第888号)「財政問題に対する考えが大きく変る前夜」
16/4/11(第887号)「民進党が消費税増税を推進する背景」
16/4/4(第886号)「財政問題が解決済みということの理解」
16/3/28(第885号)「終わっている日本の経済学者」
16/3/21(第884号)「国際金融経済分析会合の影響」
16/3/14(第883号)「信用を完全に失った財務省」
16/3/7(第882号)「「政界」がおかしい」
16/2/29(第881号)「一向に醸成されない「空気」」
16/2/22(第880号)「緊縮財政からの脱却」
16/2/15(第879号)「超低金利の今こそ国債発行を」
16/2/8(第878号)「日銀の「マイナス金利」政策の実態」
16/2/1(第877号)「CTAヘッジファンドの話」
16/1/25(第876号)「今後の原油価格の動きは「売り投機筋」に聞いてくれ」
16/1/18(第875号)「日本の経済論壇は新興宗教の世界」
16/1/11(第874号)「日本のデフレギャップは資産(財産)」
15/12/21(第873号)「敬虔なクリスチャンの感覚が日本を沈没させる」
15/12/14(第872号)「「名目GDP600兆円」達成のシナリオ」
15/12/7(第871号)「日本の経済学界の惨状」
15/11/30(第870号)「堂々と新規の国債発行を」
15/11/23(第869号)「今度こそは盛上がるかシニョリッジ」
15/11/16(第868号)「小黒教授の文章(論文)への反論」
15/11/9(第867号)「小黒一正教授の文章(論文)」
15/11/2(第866号)「シニョリッジ政策は現在進行中」
15/10/26(第865号)「避けられる物事の根本や本質」
15/10/19(第864号)「安保法案騒動に対する感想」
15/10/12(第863号)「安保法制改正の必要性」
15/10/5(第862号)「フォルクスワーゲンの排ガス不正問題」
15/9/28(第861号)「今回の安保騒動」
15/9/21(第860号)「数年後、中国はIMFの管理下に?」
15/9/7(第859号)「中国の為替戦略の行き詰り」
15/8/31(第858号)「唐突な人民元の切下」
15/8/24(第857号)「改めてメガ・フロートを提案」
15/8/10(第856号)「鰯の頭も信心から」
15/8/3(第855号)「個別的自衛権だけなら国連からは脱退」
15/7/27(第854号)「時代に取残された人々」
15/7/20(第853号)「宮沢俊義という変節漢」
15/7/13(第852号)「「緊縮財政路線」はジリ貧路線」
15/7/6(第851号)「議論のすり替えとデマ」
15/6/29(第850号)「安倍政権に対する提言」
15/6/22(第849号)「憲法は不要」
15/6/15(第848号)「22才のベアテが作った日本国憲法条文」
15/6/8(第847号)「中国は外貨不足?」
15/6/1(第846号)「中国は資金繰り難?」
15/5/25(第845号)「今こそ郵貯と財投をアジアに広めろ」
15/5/18(第844号)「AIIBの資金力は「ゴミ」程度」
15/5/11(第843号)「中国との付合い方」
15/4/27(第842号)「中国はマイナス成長?」
15/4/20(第841号)「ドイツ軍の敗走開始の話」
15/4/13(第840号)「反・脱原発派の陥落は近い?」
15/4/6(第839号)「「エコ」の横暴と呪縛」
15/3/30(第838号)「原油の高値時代の後始末」
15/3/23(第837号)「ドバイショック再現の可能性」
15/3/16(第836号)「価格暴落でも供給増」
15/3/9(第835号)「原油価格は二番底に向かう?」
15/3/2(第834号)「実態がない地政学的リスク」
15/2/23(第833号)「米大手金融機関の「情報発信力」」
15/2/16(第832号)「「今が潮時」とうまく撤退」
15/2/9(第831号)「代替資源(非在来型資源)のインパクト」
15/2/2(第830号)「原油価格の動きに変調」
15/1/26(第829号)「低調になった経済論議」
15/1/19(第828号)「「どんぶり勘定」の経済運営」
15/1/12(第827号)「IMFの借金取りモデルの導入」


14年のバックナンバー

13年のバックナンバー

12年のバックナンバー

11年のバックナンバー

10年のバックナンバー

09年のバックナンバー

08年のバックナンバー

07年のバックナンバー

06年のバックナンバー

05年のバックナンバー

04年のバックナンバー

03年のバックナンバー

02年のバックナンバー

01年のバックナンバー

00年のバックナンバー

99年のバックナンバー

98年のバックナンバー

97年のバックナンバー