経済コラムマガジン 平成9年2月10日より
経済コラムマガジン




14/3/31(791号)
怪しくなったアベノミクスの行方

  • 一体何を根拠にV字回復

    デフレ経済克服を旗印にしてきたアベノミクスの行方が怪しくなっている。これについて本誌は13/11/25(第775号)「アベノミクスの行方」14/1/20(第781号)「窮地に立つリフレ派」で取上げた。このままでは現実の経済も、ほぼ筆者が予想した通りの動き、つまりかなり低迷する(ゼロ成長かマイナス成長)ものと見られる。

    悲観的な筆者の見方の根拠は、消費税増税と補正予算減額によって新年度から緊縮財政に転換することである。ただ筆者の予想より上ブレする要素がたしかにある。13年度予算(補正予算も含め)の消化が良くないので、その執行が14年度にズレ込むことが考えられる。しかしこの金額がさほど大きくはないとしたなら、景気失墜は避けられない状況である。


    「だから第三の矢である「民間投資を喚起する成長戦略」を急ぐが必要」といった陳腐なセリフがよく聞かれる。しかし安倍政権が発足して既に1年半も経つが、いまだ第三の矢の実態が見えない。筆者は「民間投資を喚起する成長戦略なんて幻想」という結論を出し、早く別のステップに移るべきと考えてきた。

    筆者が別のステップと考えるのは、確実に内需を大きく拡大する財政政策である。具体的には、教育・研究予算の大幅増額や公的年金の国費投入による年金改革などである。これについては後日本誌で取り上げる。とにかく筆者は、アベノミクスの第二の矢、つまり「機動的な財政政策」の改変を主張したい。


    ややもすれば「機動的な財政政策」と言えば、人々は公共事業のような単発的で臨時的な財政支出をイメージする。これを補正予算で実行するとなれば、どうしても今回のように補正予算が対前年度比で大幅に減額にされているにもかかわらず、「新年度も5.5兆円の景気対策としての補正予算が組まれているから大丈夫」といった誤解を与えやすい。

    しかし補正予算同士を比べれば、新年度は5兆円程度の減額である。補正予算の減額はマイナスの乗数効果を生むことになる。そしてこれと消費税増税が経済成長の下振れ要因となる。しかしこれらのマイナス効果を相殺して余り有る効果を生むのが「さらなる金融緩和と第三の矢である成長戦略である」と言った夢物語のような話がいまだに横行している。安倍政権は少なくとも今の「成長戦略」といった怪しい話から早く決別し、方向転換をすべきである。

    筆者が打出そうという財政支出を伴う諸政策は、継続性のあるものである。つまり補正予算に相応しいものではなく、本予算に組入れるべきものである。しかし筆者が提案しようと思っているような政策はほとんど議論にもなっていない。これに対して「いや来年度の本予算はこれまでの最高額」という声があるが、わずかに増えたのは消費税増税への手当てがあったからである。


    ほとんどの経済研究機関とエコノミストは、4〜6月の経済の落込みを予測している(これは筆者を含め誰もが思っていること)。ところが彼等のほとんど全員が、それ以降の日本経済のV字回復を予想している。しかし、一体、彼等は何を根拠にV字回復を予想しているのかさっぱり分からない。財政が緊縮型に転換し、今後、円安効果も一巡するのに日本経済がどうして急回復すると言うのだろうか。

    またさらなる金融緩和に期待している者がいるかもしれない。おそらく次のさらなる金融緩和は実施されるであろう。しかし筆者は、これに反応するのは株式市場だけと思っている。一時的に為替も多少円安に振れ、株価も上昇すると見ている。しかしそこが円安と株価の天井になる可能性があると筆者は見ている。日銀が次の金融緩和に躊躇しているのも、これを警戒しているからではと筆者は勘ぐっている。だいたい財政政策を伴わない金融緩和なんて効果は知れている。

    V字回復を予想するエコノミスト達は、これまでも予想を度々外してきた。ただ彼等は予想を外すと、過去の自分達の発言を知らない顔をして無視する。また彼等は言い訳だけには長けていると筆者は昔から思って来た。もし中国のバブル崩壊があれば、これなんかも言い訳に使われそうだと注目している。


  • 経済対策は本予算で

    日本経済のV字回復を予想するエコノミスト達は、成長戦略の議論に上がっている「戦略特区」「20万人の移民政策」「カジノ解禁」「女性の活用」などの効果を、まさかと思うが本気で期待しているのかもしれない。これらの他にも成長戦略として「所得税の最高額を2億円にする」という驚くようなアイディアまで飛出していると聞く。これは所得税を安くすることによって、大きく稼ぐ投資家や投機家を日本に呼込もうという発想が基になっている。このように思いつき政策のパレードが成長戦略である(要するに財政支出を伴わないものなら何でも良い)。

    筆者は、何度も繰返すが「移民政策」を除き(移民政策は一旦実行されると取り返しがつかない)、出ている成長戦略とやらはどんどん実行すれば良いと考える。これらを実行しても経済成長に繋がらないことを確認して、このような主張をしている学者やエコノミストには退場してもらうのが一番手っ取り早いと考える。これによって日本からはうっとおしい経済学者やエコノミストの大半は消えることになる。また日経新聞の論説委員はほとんどいなくなる。とにかく彼等は14/2/17(第785号)「経済戦略会議から15年」で述べたように、15年間も同じこと(要するに構造改革)を唱えて生活をしてきたのである。


    またV字回復を予想するエコノミスト達は、増税派、あるいは財政再建派の顔色を見ながら経済予測を行っているとも言える。消費税の8%から10%への増税は、今年末の経済状勢を見てということになっている。これには7〜9月のGDP成長率が使われる。つまり日本経済がこの時期にV字回復しなければ、次の消費税増税はおぼつかないことになる。したがって彼等は高めの経済成長を予想し、財務当局にゴマを擦っているとも考えられるのである。

    このように日本の経済学者やエコノミストは、日本の経済ではなく自分達の経済(生活)を見ながら経済予測を行っていると筆者は思っている。しかし政治家はリアリズムに徹すべきである。本来なら安倍政権も次の政策を模索する段階にある。


    筆者は、4月頃からの経済の落込みがほぼ常識になっているのだから、安倍政権は予算措置を伴う次の経済対策に取組むものと本誌で言ってきた。しかし4月になるというのにその動きが見られない。たしかに新年度の予算が成立したばかりなのに、節操がないという批難が起りそうである。どうもこのような話が出てくるのは、筆者の予想よりもっと先になりそうである。

    そして対策となれば、補正予算ということになり、しかもかなりの大型の補正予算が必要になると筆者は踏んでいる。いつ頃、安倍政権がこれに踏み出すのか注目されるところである。しかし今の様子では、7〜9月期に効果を上げるには既に遅過ぎることはたしかである。


    ただ筆者は、前段で述べたように補正予算ばかりに頼る今日のような経済対策には反対である。教育や年金などといった重要政策に継続的に予算を配分することを考えると、これらは本予算で対処すべきと考える。国土強靱化政策についてもしかりである。政策を真面目に考えるならこのような結論になるであろう。

    これまでも、景気が急落すると補正予算で対処し、少し経済が上向くと緊縮財政に戻るといったパターンが繰返されてきた。筆者は、この繰返しから脱却する必要があるずっと言ってきた。せっかく衆参のねじれ解消し安倍政権という本格政権が発足したのだか、今こそ年金改革などの大型政策に取組むべきである。

    ひょっとするとV字回復を予想するエコノミスト達は、4〜6月の景気後退に対して政府が補正予算による経済対策を行うことを暗黙に織り込んでいるとも考えられる。筆者に言わせれば、そうでなければこのような間抜けな経済予測は絶対にできないのである。とにかくこのような低レベルの経済の有識者といわれる者が日本に溢れていては、デフレ経済からの脱却なんてとても無理である。



来週は、唐突に思われるかもしれないが問題となっている「ウクライナ」を取上げる。



14/3/24(第790号)「中国のバブル生成の過程」
14/3/17(第789号)「バブル経済崩壊の序章」
14/3/10(第788号)「中国経済にまつわる奇妙な話」
14/3/3(第787号)「中国経済に変調(その2)」
14/2/24(第786号)「中国経済に変調」
14/2/17(第785号)「経済戦略会議から15年」
14/2/10(第784号)「理論と現実の狭間・・金利編」
14/2/3(第783号)「経済理論と現実の狭間」
14/1/27(第782号)「なつかしい経済理論の復活」
14/1/20(第781号)「窮地に立つリフレ派」
14/1/13(第780号)「新春のトピックス」
13/12/23(第779号)「周辺国の異常行動」
13/12/16(第778号)「ピカピカのバランスシート」
13/12/9(第777号)「中谷巌氏の変心」
13/12/2(第776号)「何処に行った経済成長戦略」
13/11/25(第775号)「アベノミクスの行方」
13/11/18(第774号)「ここ一ヶ月の出来事」
13/10/14(第773号)「虚言・妄言の判断基準」
13/10/7(第772号)「消費税増税、次の焦点」
13/9/30(第771号)「消費税にまつわる諸問題」
13/9/23(第770号)「「声なき声」が届くか」
13/9/16(第769号)「利払い額のGDP比率の推移」
13/9/9(第768号)「利払い額で見る財政の健全性」
13/9/2(第767号)「消費税増税は雲行きが怪しくなった?」
13/8/26(第766号)「財政が危機という怪しい話」
13/8/10(第765号)「消費税増税は絶対に避ける道」
13/8/5(第764号)「消費税増税を促す包囲網」
13/7/26(第763号)「参議院選の結果を考える」
13/7/15(第762号)「アベノミクスの評価他2件」
13/7/8(第761号)「デフレに興味のない大新聞」
13/7/1(第760号)「日経新聞の論説の特徴」
13/6/24(第759号)「アベノミクスを牽制する人々」
13/6/17(第758号)「長期金利上昇で騒いでいる人々」
13/6/10(第757号)「雲行きが怪しいデフレ脱却」
13/6/3(第756号)「財政再建論者のサークル」
13/5/27(第755号)「財政の2010年問題」
13/4/29(第754号)「国民一律の年金」
13/4/22(第753号)「日銀のリスク資産購入」
13/4/15(第752号)「異次元の金融政策」
13/4/8(第751号)「久しぶりの「朝まで生テレビ」」
13/4/1(第750号)「不穏な中国と日本の安全保障」
13/3/25(第749号)「TPPの基本は友好」
13/3/18(第748号)「日本の雪崩的輸出の歴史」
13/3/11(第747号)「TPP交渉と日本警戒論」
13/3/4(第746号)「TPPの実態」
13/2/25(第745号)「有り得る軍事的衝突」
13/2/18(第744号)「群盲象をなでる」
13/2/11(第743号)「まず印紙税の廃止」
13/2/4(第742号)「「構造改革」と「規制緩和」の本当の姿」
13/1/28(第741号)「意志を持った「やじろべい」」
13/1/21(第740号)「金融政策に対する提言」
13/1/14(第739号)「年頭にあたり」
12/12/31(第738号)「中央銀行の働きの変化」
12/12/24(第737号)「日銀とFRBの違い」
12/12/17(第736号)「師走の総選挙の感想」
12/12/10(第735号)「建設国債引受け発言の波紋」
12/12/3(第734号)「先進国だからデフレ」
12/11/26(第733号)「総選挙の行方」
12/11/19(第732号)「残る経済成長路線」
12/11/12(第731号)「先進国における経済成長」
12/11/5(第730号)「投資と経済成長」
12/10/29(第729号)「プラスアルファーの議論」
12/10/22(第728号)「アラン・ブラインダー教授の文章」
12/10/15(第727号)「バランスを欠いた報道」
12/10/8(第726号)「中国からの撤退も視野に」
12/10/1(第725号)「中国の反日暴動に対する感想」
12/9/24(第724号)「本誌の中国問題ダイジェスト」
12/9/17(第723号)「技術流出と日本の伝承文化」
12/9/10(第722号)「技術流出の現状」
12/9/3(第721号)「知的所有権の話」
12/8/27(第720号)「最近の出来事」
12/8/6(第719号)「御用学者の話」
12/7/30(第718号)「増税マニア達は現実離れ」
12/7/23(第717号)「吉川洋東大教授の文章」
12/7/16(第716号)「消費税増税が待ち遠しい?」
12/7/9(第715号)「消費税は「鬼門」」
12/7/2(第714号)「増税騒動の感想」
12/6/25(第713号)「今日の諸情勢の変化」
12/6/18(第712号)「世界中「展望がない」」
12/6/11(第711号)「schole(スコレー、暇)の話」
12/6/4(第710号)「ギリシャ化の話」
12/5/21(第709号)「単式簿記の世界」
12/5/14(第708号)「文春と朝日の関係」
12/4/30(第707号)「続・増税論議と文芸春秋」
12/4/23(第706号)「増税論議と文芸春秋」
12/4/16(第705号)「増税論議と政界」
12/4/9(第704号)「増税派の人々」
12/4/2(第703号)「松下政経塾政治家と増税」
12/3/26(第702号)「英国の永久債発行」
12/3/19(第701号)「過去の号の修正」
12/3/12(第700号)「本誌700号に寄せて」
12/3/5(第699号)「投資顧問AIJの事件」
12/2/27(第698号)「橋下維新政党へのコメント」
12/2/20(第697号)「地方自治体と通貨」
12/2/13(第696号)「デフレ経済下での増税」
12/1/30(第695号)「無税国家への道」
12/1/23(第694号)「世界的な金利低下」
12/1/16(第693号)「過剰貯蓄による災い」
12/1/9(第692号)「バーチャルな話」


11年のバックナンバー

10年のバックナンバー

09年のバックナンバー

08年のバックナンバー

07年のバックナンバー

06年のバックナンバー

05年のバックナンバー

04年のバックナンバー

03年のバックナンバー

02年のバックナンバー

01年のバックナンバー

00年のバックナンバー

99年のバックナンバー

98年のバックナンバー

97年のバックナンバー