平成9年2月10日より
経済コラムマガジン




05/8/22(402号)
今回の総選挙の沿革

  • 「インナー」と呼ばれる談合組織
    参議院による郵政民営化法案の否決。小泉総理による衆議院解散。反対派議員の非公認。さらに反対派議員の選挙区に対立候補の擁立。目まぐるしく政治情勢が動いている。解散総選挙は9月11日が投票日となっており、この投票結果によっては、さらに大きな波乱が考えられる。本来、本誌は経済に関するテーマを中心に作成されている。しかししばらく経済より政治が中心になるであろう。

    たった一ヶ月半前まで、世間やマスコミは、郵政法案を巡る政局に全く関心がなかった(意識的に無関心を装っていた可能性はあるが)。何と7月5日の衆議院の採決においては、当初、どのテレビ局も中継する予定がなかった。筆者は、朝刊のテレビ欄を見て唖然としたが、かろうじてNHKだけが急遽予定を変更し、採決の様子を中継したようだ。ところが参議院での郵政民営化法案の否決の可能性が濃厚になるにつれ、マスコミの関心は異常に盛上がってきた。


    今回の一連の流れの中で注目されることがいくつかある。一つは衆議院の採決の直前になって、全ての大新聞の郵政法案に対する論調の足並みが揃ったことである。新聞各社は、「郵政の民営化」に賛成し、小泉首相の「改革路線」を支持することを鮮明に打出した。新聞だけでなく、テレビ局の論調もこれに従っている。

    大新聞の論調の影には、どうしても05/2/14(第377号)「日本のマスコミの権力指向」で取上げた「インナー」と呼ばれる談合組織の存在が思い浮かぶ。実際、岸井という毎日新聞の論説委員は、参議院の採決の直前の8月6日に各大新聞の政治部長が集まって、参議院の採決の票読みを行っていたことをテレビで思わず漏らしていた。

    日本の大新聞のこの談合体質は極めて問題である。また新聞の論調がもとになって、テレビもこれに追随する。新聞やテレビは世論の形成に大きな影響を与える。橋梁メーカの談合が問題になっているが、大マスコミの談合体質は日本にとって比べようがないくらい危険なことである。新聞の談合が、記者クラブの存在や一斉値上げの段階に止まっていのなら筆者はさほど問題にしない。しかしこの談合体質が、新聞の論調に影響を与え、さらに談合組織そのものが何者か別の組織や政治勢力に影響されているとしたなら、由々しき問題である。


    今日のマスコミの状態はまるで戦前に戻ったようだ。もっともマスコミは、戦前・戦中軍国主義を鼓舞し、戦後は共産主義・社会主義を礼讃し、自衛隊を否定していた。また消費税導入に真っ向から反対していたはずである。ところが冷戦が終わる頃から、米国のような競争社会が良いのだと、「小さな政府」論に大きく傾いた。いわゆる構造改革の礼讃である。このように日本のマスコミ人は、主張の流れがメチャクチャであり、流れに身を委ねる薄っぺらな人々の集まりである。しかしマスコミ人の「自分達が正しい」という傲慢さだけはいつの時代でも変わらない。

    一連の小泉首相の言動は、どう見ても権力亡者そのものであり、病的である。ところがマスコミは「小泉首相は信念の人」といった人間像を創作した。実際は、この政治家ほど言っていることが変質した者はいない。

    自民党から郵政法案反対派が自民党から追出され、民主集中が一気に進んだ。末端で自民党に携わる人々の考えなんて今後は無視される。面白いのはパートナーの公明党も民主集中の組織である。このような民主集中の二つの政党が連携する今回の選挙で、日本の国民がどのような判断を下すのか興味がある。また大マスコミの露骨な小泉自民党への肩入れが、はたして功を奏するのか注目される。ただ一口にマスコミと言っても、タブロイド版の夕刊紙や週刊誌は、決して小泉支持一辺倒ではないことが注目される。


  • 小泉首相はスターリン
    小泉首相の周りには、構造改革派の若手議員や学者が取り巻いている。小泉首相が自民党の中で異質ということで定評があるが、周りの若手議員も世間知らずの原理主義者である。彼等の多くは二世・三世議員であり、また「小さな政府」と「構造改革」の信奉者である。しかしこの変な若手政治家達の考えは、これまでの自民党支持層ととうてい相容れない。

    今の自民党の一連の政策は、明らかに従来の自民党の支持者に背を向けたものである。したがって小泉内閣の支持率が高くても、選挙では自民党は確実に得票数を減らしてきた。衆議院で自民党はかろうじて過半数を確保しているが、これは公明党の選挙協力で達成されたものである。さらに小泉首相と彼を取巻く若手政治家は、従来の自民党の支持層の票でなく浮動票の獲得を目指している。したがって従来の自民党の支持層を犠牲にしても、マスコミ受けの良い政策を唱える。「小さな政府」と「構造改革」がそれである。


    「構造改革」については本誌は何度も取上げた。筆者は今日の「構造改革」を社会改革運動と捉えている。民主党がこれを唱えるのなら納得するが、保守である自民党が「構造改革」を政策の中心に据えることに強い違和感を感じる。つまり自民党はもはや保守政党ではなくなったのである。ところで筆者は、「構造改革」を一種の革命ということに早く人々は気付くべきと考える。

    「構造」とは変わることがないか、あるいは変わりにくい社会の基本的な骨組みである。本来ならその変わらない「構造」というものを前提に政策を行うのが普通である。その「構造」そのものを変えようという社会的ムーブメントが「構造改革」運動である。

    ほとんどの「構造改革」や「革命」は、人々が解放され自由になるという唄い文句で始められる。歴史を振返れば、清教徒革命、フランス革命、ロシア革命、そして文化大革命などである。これらの革命は、国王の圧制や資本家の支配から人民や労働者を解放するという建前で始まった。ところが革命の後に実際に行われたことは、反対派に対する粛正と人民の管理の強化である。


    一見「小さな政府」は、政府の機能を小さくし、人々が自由に経済活動ができる社会の実現と誤解する。しかし政府の関与をなくすということは、市場経済での優勝劣敗をそのままにしておくことである。富や所得が勝者に集中する世界である。しかしこのような社会では人々の身分が固定化され、社会が荒れる。日本を始め世界の先進国は、この富や所得の再配分を適宜行ってきた。これが社会の安定を保つ政策であった。

    このような富や所得の再配分を絶対的に否定するのが構造改革派である。彼等は、富を持つ者や高所得に大きな税負担を課し、それを財政の無駄遣いに使うから日本経済は低迷から脱却できないとことある毎に主張している。この考えに沿って日本では所得税の最高税率は大幅に下げられ、法人税率も下がった。構造改革派の主張が実行されたのである。しかし投資は増えるどころか、大企業はむしろ借金の返済を進めている。このように富を持つ者や高所得者に有利な税制改革を行ってきたが、名目国民所得の伸びがマイナスということもあって、単に税収が大幅に減っただけであった。


    これまで完全と言えないが、税制改革以外でも、構造改革派の主張に沿った政策が行われてきた。各種の規制緩和や公共投資の削減などである。つまり国による富や所得の再配分政策の見直しと競争の促進である。もし構造改革派の主張が正しかったなら、もう日本の経済はかなり良くなっていなければおかしいことになる。しかしそこで構造改革派の人々は「まだ構造改革が進んでないから、一層の改革が必要」という嘘をつく。

    現実の社会は、正社員が減り、派遣社員やアルバイト・パートといった低所得者層が増えた。今日本の工場は派遣社員などの臨時雇用で溢れ、工場内の雰囲気はギスギスしているという話をよく聞く。犯罪も確実に増えている。悪質リフォーム会社を始め、詐欺などの経済犯が急増している。日本はタクシーで忘れ物をしたら二度と戻ってこない社会に変貌した。このように日本社会は確実に荒れてきた。しかしこれらは構造改革運動が進めば起ると予想された事柄である。


    つまり構造改革を行い小さな政府を目指せば、必ず弊害が起る。しかし構造改革を目指す国の政府は、国民の管理の強化でこれに対応しようとする。アルゼンチンのETCの例(これによって人々の車による移動を監視できる)を前に出したが、構造改革を行った国はおしなべて国民の管理や監視が強化されている。米国では電波の傍聴や電話の盗聴が当たり前になっている。英国の監視カメラによる国民の監視は相当のものである。これらは決してテロ対策だけが目的とは考えられない。日本でもコンビニ・金融機関や繁華街に監視カメラが数限り無く設置されている。住基ネットもこの一環と筆者は捉えている。

    このように構造改革を進める国はどうしても強権的な国家になる。小さな政府というユートピアを目指してい言っておきながら、政府による監視国家が出来上がる。どうしても国民の不満を抑えるには強権が必要になるのである。またメディアも政権の支配下に置かれる。たしかに批判的精神が必要なはずの日本の大マスコミが、既に小泉政権と一体化している印象を受ける。


    さらに小泉総裁誕生後、自民党自体が強権体質に変わっている。郵政民営化法案の自民党内での扱いも極めて強権的であった。執行部の進め方はこれまでの自民党になかった強引な手法であった。反対派を公認しないだけでなく、選挙区に対立候補を立てるといった反対派の露骨な追い落としを行っている。自民党の地方の県連に対する圧力も尋常ではない。今後は党中央直轄の県連の設置も考えられているという。小泉首相は、自分を織田信長に擬しているが、彼はむしろスターリンに似ている。



反対派は、新党をやっと立ち上げる方向に傾いた。来週号は、総選挙とこの新党を取り上げる。

亀井静香勝手連の掲示板のアドレスが変更された。新しい掲示板には亀井静香勝手連のトップページから入ってもらいたい。亀井静香勝手連のアドレスは(亀井静香勝手連のホームページhttp://www.nb-j.co.jp/katteren)である。



05/8/8(第401号)「中国経済の本当の脅威」
05/8/1(第400号)「中国の為替戦略」
05/7/25(第399号)「経済のグローバリズムの行末」
05/7/18(第398号)「経済のグローバリズムの本質」
05/7/11(第397号)「郵政法案と小泉政権の行方」
05/7/4(第396号)「経済のグローバリズムと競争の公正」
05/6/27(第395号)「日本語の研究」
05/6/20(第394号)「公的年金とセイニアーリッジ」
05/6/13(第393号)「日本国民全員がばん万歳の政策」
05/6/6(第392号)「公的年金とマクロ経済」
05/5/30(第391号)「マクロ経済政策で解決するもの」
05/5/23(第390号)「ヴァーチャルなもの(その2)」
05/5/16(第389号)「ヴァーチャルなもの(その1)」
05/5/9(第388号)「中国進出の主導者」
05/4/25(第387号)「鎖国主義への誘惑(その2)」
05/4/18(第386号)「鎖国主義への誘惑(その1)」
05/4/11(第385号)「ノストラダムスの大予言」
05/4/4(第384号)「法律と現実社会との間」
05/3/28(第383号)「株式に関する非常識」
05/3/21(第382号)「人とグローバリズム」
05/3/14(第381号)「資本とグローバリズム」
05/3/7(第380号)「貿易とグローバリズム」
05/2/28(第379号)「マスコミの暴走」
05/2/21(第378号)「マスコミが流す誤った概念」
05/2/14(第377号)「日本のマスコミの権力指向」
05/2/7(第376号)「日本のマスコミの体質」
05/1/31(第375号)「財政当局の変心」
05/1/24(第374号)「経済成長の条件(その2)」
05/1/17(第373号)「経済成長の条件(その1)」
05/1/10(第372号)「中国経済の実態」
04/12/13(第371号)「第一回財政研交流会」
04/12/6(第370号)「虚構の終焉(フィクション・エコノミクス)その3」
04/11/29(第369号)「虚構の終焉(フィクション・エコノミクス)その2」
04/11/22(第368号)「構造改革派の常套手段」
04/11/15(第367号)「虚構の終焉(フィクション・エコノミクス)その1」
04/11/8(第366号)「第二次南北戦争」
04/11/1(第365号)「妄言・虚言の正体」
04/10/25(第364号)「クライン博士を招いてのシンポジウム」
04/10/18(第363号)「日本経済のデフレ体質の分析(その3)」
04/10/11(第362号)「日本経済のデフレ体質の分析(その2)」
04/10/4(第361号)「日本経済のデフレ体質の分析(その1)」
04/9/27(第360号)「豊かな社会ーー競争と共生」
04/9/20(第359号)「レーガンの規制緩和の実態」
04/9/13(第358号)「今こそ大胆な政策転換を」
04/9/6(第357号)「虚言・妄言が跋扈する世の中」」
04/8/30(第356号)「日本の「韓国化」」
04/8/2(第355号)「日本の分割統治」
04/7/26(第354号)「自民党大敗北の要因分析」
04/7/19(第353号)「参院選で見たもの」
04/7/12(第352号)「日本のエネルギー自立政策」
04/7/5(第351号)「危うい石油の確保」
04/6/28(第350号)「テロと中東石油」
04/6/21(第349号)「対談の論点(再)」
04/6/14(第348号)「対談の論点」
04/6/7(第347号)「富の分配と公正」
04/5/31(第346号)「小泉首相訪朝の成果」
04/5/24(第345号)「日本に必要な財政赤字政策」
04/5/17(第344号)「土地売買の盲点」
04/5/10(第343号)「日本経済の体質と財政政策」
04/4/26(第342号)「凍り付くマネーサプライ」
04/4/19(第341号)「デフレ体質の日本経済」
04/4/12(第340号)「火星の土地」
04/4/5(第339号)「円高は構造的」
04/3/29(第338号)「規制緩和に飛びつく人々」
04/3/22(第337号)「矛盾の出発点」
04/3/15(第336号)「日経の貧乏神」
04/3/8(第335号)「実感なき経済成長」
04/3/1(第334号)「為替介入ではなく財政支出を」
04/2/23(第333号)「為替介入への道」
04/2/16(第332号)「為替介入資金の働き(その2)」
04/2/9(第331号)「為替介入資金の働き(その1)」
04/2/2(第330号)「為替介入政策の限界」
04/1/26(第329号)「今日の政治課題」
04/1/19(第328号)「今年の政局の課題」
04/1/12(第327号)「今年の日本の景気」
03/12/15(第326号)「日本の公的年金」
03/12/8(第325号)「足利銀行の破綻処理」
03/12/1(第324号)「日本経済を支えているもの」
03/11/24(第323号)「総選挙結果から見えるもの」
03/11/17(第322号)「総選挙結果の分析」
03/11/10(第321号)「総選挙の結果他」
03/11/3(第320号)「総選挙の予測」
03/10/27(第319号)「動態的会計による企業価値算定」
03/10/20(第318号)「道路公団、財務諸表の怪」
03/10/13(第317号)「藤井総裁解任劇」
03/10/6(第316号)「総裁選と総選挙」
03/9/29(第315号)「総裁選の総括」
03/9/22(第314号)「ドキュメンタリー総裁選」
03/9/15(第313号)「レポート総裁選・・その2」
03/9/8(第312号)「レポート総裁選」
03/9/1(第311号)「混迷の終始符」
03/8/25(第310号)「急がば回れ・・再び」
03/8/18(第309号)「自民党の総裁選に向けて」
03/8/4(第308号)「日本の実稼働率」
03/7/28(第307号)「設備投資の実態」
03/7/21(第306号)「企業経営と創造的破壊」
03/7/14(第305号)「頭が破壊されている人々」
03/7/7(第304号)「頭が混乱している構造改革派」
03/6/30(第303号)「経済の循環(その2)」
03/6/23(第302号)「経済の循環(その1)」
03/6/16(第301号)「経済政策の混乱」
03/6/9(第300号)「りそな銀行の件」
03/6/2(第299号)「規制緩和と日本経済」
03/5/26(第298号)「経済学と経営学」
03/5/19(第297号)「政府紙幣発行の認知度」
03/5/12(第296号)「滝田洋一氏への反論」
03/5/5(第295号)「政府紙幣発行政策の誤解」
03/4/21(第294号)「逆噴射の財政政策」
03/4/14(第293号)「危機管理下の経済政策」
03/4/7(第292号)「国債の管理政策」
03/3/31(第291号)「経済再生政策提言フォーラム」
03/3/24(第290号)「日本の有名経済学者達」
03/3/17(第289号)「波乱の株式市場」
03/3/10(第288号)「政府貨幣の理解」
03/3/3(第287号)「軽視される高橋是清の偉業」
03/2/24(第286号)「日本の清貧の思想」
03/2/17(第285号)「日本のデフレの原点」
03/2/10(第284号)「小泉首相の「もっと重要なこと」」
03/2/3(第283号)「スローパニック経済」
03/1/27(第282号)「所得を生むマネーサプライ」
03/1/20(第281号)「マネーサプライ政策の限界」
03/1/13(第280号)「データに基づく経済論」
02年のバックナンバー

01年のバックナンバー

00年のバックナンバー

99年のバックナンバー

98年のバックナンバー

97年のバックナンバー

日頃忙しいビジネスマンへのオンラインマガジン